昇仙峡の象徴 ~覚円峰(左)と天狗岩~

昇仙峡8選(周辺含む)

  <画像クリックで拡大>

「桜花に起つ」 (覚円峰・渓谷遊歩道)

名峰・覚円峰は、季節や気象、見る位置などで千変万化の姿を魅せる。遊歩道から仰ぎ見ると、それは雄姿となって現れる。

「新緑に煙る」 (覚円峰と天狗岩・グリーンライン)

平安時代の天台宗の僧、覚円がその頂で修業したといわれる覚円峰。「天狗(岩)と対峙か!」、などと勝手気ままな連想も面白い。

「望郷」(下帯那)

水田と眼下の千代田湖、そして、彼方の南アルプスの山々を見ていると、心が和み清浄くなる。「あー、我が故郷を想い出す」。

 

「山上の鏡像」(千代田湖)

 和田峠を上り、周囲4kmの小さな湖に着く。そこは、釣り人、小高い山、空、そして、雲もすべてが鏡像となって投影されていた。

「夜陰を照らす」(仙娥滝ライトアップ)

真っ暗闇の中、落下する水の音、その色、岩など、すべてがライトアップで生きいきと躍動してくる

「盛宴の杜」(武田神社)

武田家親子三代(信虎、信玄、勝頼)、盛宴の杜に栄枯盛衰の時代(とき)を刻む。

「明ける盆地」(和田峠)

冬の朝、青く、白く盆地が明けた。冷風が頬を撫ぜ、身も心も引き締めてくれた。「さあ、今日も頑張ろう!」

「天空の大眺望」(ロープウェイ・弥三郎岳頂上)

ロープウェイのパノラマ台駅から徒歩15分。富士山、南アルプス、金峰山、能泉湖など、360°の大パノラマは絶景の一語に尽きる。

(c)Tsukahara Photograph office,All rights reserved.

◆写真家

 日本写真家協会(JPS)会員

◆ドローン操縦士

 ドローン操縦士協会認定

◆講師

 東京吉祥寺写真塾(主宰)

 東京吉祥寺ドローン塾(主宰)

 読売・日本テレビ文化センター

 日本旅行 

◆塚原写真事務所

 東京都三鷹市

   0422-26-6068

   090-6183-2412

 

  ・Photographer

  ・Videographer

  ・Dronegrapher

  ・VR(360°)grapher

04220