◆昇仙峡の四季<秋>

暑い夏と深い緑が終わり、渓谷の木々は赤、黄などが色づき始めます。「夢の松島」から仙俄滝に向かう途中、紅葉がすばらしいので、東屋で一息入れます。さらに、歩をすすめると突然、天を突いた覚円峰の悠然とした構えが目に入ってきます。初めての人は、その存在感に圧倒されてしまうでしょう。そして、仙俄滝、土産店街へとすすみ、ロープウェイに乗ります。乗車時間は5分ですが、全山黄葉のロケーションは本当に見ごたえがあります。また、天上の広大な空間は360°の大眺望で、富士山を始め盆地のすべてが見渡せます。能泉湖畔の紅葉も、目を見張るものがあります。小さなダム湖ですが、湖面に投影された種々の彩りが秋の終わりを告げると、渓谷一帯はいよいよ冬に入っていきます。

 

 <画像クリックで拡大表示>

(c)Tsukahara Photograph office,All rights reserved.

◆写真家

 日本写真家協会(JPS)会員

◆ドローン操縦士

 ドローン操縦士協会認定

◆講師

 東京吉祥寺写真塾(主宰)

 東京吉祥寺ドローン塾(主宰)

 読売・日本テレビ文化センター

 日本旅行 

◆塚原写真事務所

 東京都三鷹市

   0422-26-6068

   090-6183-2412

 

  ・Photographer

  ・Videographer

  ・Dronegrapher

  ・VR(360°)grapher

04220